フラックスシードとチアシード、効果の違いを紹介

フラックスシードオイルの摂取方法

フラックスシードとチアシードは、どちらも体に良い食材として有名ですよね。ここでは、どういう違いがあるのか比較してご紹介していきます。

スポンサーリンク

フラックスシードとチアシードの違いについて

チアシードの効果

フラックスシードとチアシードはどちらもオメガ3脂肪酸が含まれているのは同じです。オメガ3脂肪酸は、DHAやEPAを体内で作り出すことができるので、脳に良いと言われていますし、アトピーにも効果が期待できます。

どちらも見た目がゴマのような感じですが、チアシードは柔らかいのでそのまま食べることもできます。フラックスシードは、殻が硬いのでそのままは食べられず、オイルとして摂取するのが一般的です。

フラックスシードオイルの食べ方

チアシードにはグルコマンナンと言う成分が含まれていて満腹効果や便秘解消効果が期待できるこんにゃく成分です。フラックスシードには、植物性エストロゲンが含まれている為、更年期障害やPMS症状の緩和などに効果が期待できます。肌荒れに効果があるリボフラピンも含まれていて、チアシードには無い特徴です。

改善したい症状に合わせて選んでも良いと思いますし、気分によってチアシードとフラックスシードを使い分けても良いでしょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする