グリーンコーヒーの飲み方や効果とは? ※スーパーフード

グリーンコーヒーの飲み方

最近、アメリカで流行したスーパーフードが日本でも流行っています。そのスーパーフードのひとつにグリーンコーヒーがあるのでご紹介します。

スポンサーリンク

グリーンコーヒーとは?

グリーンコーヒーの成分

グリーンコーヒーとは、焙煎されていないコーヒー豆のことを言います。2011年の終わりごろにグリーンコーヒーにはクロロゲン酸が豊富に含まれていてダイエットに効果的であるということが分かりました。クロロゲン酸は血糖値を下げるホルモン分泌を促すことで糖尿病のリスクも減らすことができます。

クロロゲン酸は熱に弱いので、焙煎されたコーヒー豆では分解されてしまい効果が期待できません。焙煎されたコーヒーは酸化物質が多い上にクロロゲン酸も1/5程度に減ってしまっています。

オススメの飲み方

オススメの飲み方

グリーンコーヒーはとても硬いので、フードプロセッサーなどで粉末にしてお湯に入れて飲むというような飲み方ができます。パウダーが手に入れば、インスタントコーヒーのような感じでお湯に入れて飲むこともできます。お湯を注いだばかりは薄い緑色ですが、3分程度蒸らすと青色に色が変化します。まだ販売しているところは少ないですが、ダイエットや健康のために飲んでみるのも面白いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする