カカオニブの食べ過ぎは危険! 副作用や効果、摂取量について

カカオニブの成分

カカオニブはカカオが原料となっています。そして原料のカカオの胚芽部分がカカオニブと呼ばれ、マグネシウム・鉄分・亜鉛・ビタミンE・ビタミンC・ナイアシンなどの栄養が豊富に含まれています。

テレビなどでこの食材が良いと聞くと、一時的にその食材がバカ売れするという現象がよく起こります。でも、食事はなんでもまんべんなく食べるということがとても大切で、何かを集中的に食べるというのは良い食材であっても副作用が懸念されます。

ここでは、カカオニブの副作用や効果、摂取量についてご紹介します。

スポンサーリンク

カカオニブの美容効果について

カカオニブの美容効果

カカオニブとは最近人気の健康食材ですが、美容にはどのような効果があるのでしょう。

・ニキビの改善効果
チョコレートを食べるとニキビが増えるという噂がありますが、同じように原料がカカオですとニキビが出来てしまうのでは…とお考えの方も多いと思います。しかしカカオニブには、美肌を作るのに効果的な成分が豊富に含まれておりますので、ニキビの改善にも効果が期待できます。ニキビが気になる方は一度カカオニブをお試しください。

・ダイエット効果
カカオには太りにくく、血液中に脂肪が溜まることを予防する効果があります。また、カカオニブは低カロリーで脂肪の代謝をあげることや、食欲を抑制する効果もあるため、ダイエット中でも安心して召し上がることができます。

・便通が良くなる効果
カカオニブに含まれる食物繊維の量はこんにゃくよりも多く、腸内の善玉菌を増やし、腸内を整えることにより便秘の改善効果があります。

・美肌効果
カカオニブに含まれる抗酸化作用は赤ワインの2倍・カテキンの4倍ともいわれビタミンEも多く含まれています。カカオに含まれる抗酸化作用のポリフェノール含量には、太陽光などによる紫外線によるお肌のダメージから肌を守る効果はもちろん、ビタミンCにより美肌を作ることができます。亜鉛も多く含まれていますので、ハリのある健康な肌を作ることもできます。

このようにカカオニブには、美容効果も多く含まれていますので、是非お試しください。

カカオニブの適切な摂取量は?

カカオニブ 摂取量

カカオニブの適切な摂取量は体重10kgに対して小さじ1杯程度が上限になります。体重50kgの人の場合、小さじ5杯程度が望ましいということになります。カカオニブの効果は、他のスーパーフードよりも群を抜いて抗酸化作用が高いということが挙げられます。体内の錆びつきを防いで美肌やアンチエイジング作用などに効果が期待できます。

カカオニブの副作用について

カカオニブの副作用

カカオニブには豊富なビタミンやミネラルが含まれていますが、ミネラルも過剰摂取するとあまり良くないものもあります。また、ミネラル摂取量のバランスが取れていないと体に悪い作用が起こる場合があります。カフェインも微量ですが含まれていますので、過剰摂取してしまうと、興奮作用が強く出て眠れない可能性もあります。

適切な摂取量を守れば副作用の心配はないので、摂取し過ぎないようにしましょう♪

オススメの食べ方を紹介!

カカオの食べ方

ビタミンやミネラルも豊富に含んでいるスーパーフードですので、毎日サプリメントの代用として少しずつ食べるのがオススメです。サプリメントだとどうしても混ぜ物が入っていますが、カカオニブならカカオそのものなので悪い添加物が入っていないので安心です。

そのままかじることはもちろん、砕いたものをシリアルにしたり、サラダに混ぜたり、スムージーにして飲んだり、チーズなどに振りかけて召し上がることにより、美味しく効果的にカカオニブを摂取することができます。

カルディのカカオニブの紹介!値段はどう?

カルディのカカオニブ

食品雑貨店のカルディでもカカオニブを購入することはできます。しかし、気になる価格はどうなのでしょうか。カルディでのカカオニブの価格は、100g税込み1350円です。

サモア産のカカオ豆を発酵させ焙煎し、その後手作業により丁寧にカカオの殻を外したホールカカオニブです。カルディのカカオニブは便利なチャック付き袋に入っており、100g当りの栄養成分は480Kcalです。うち、タンパク質は14.6g・脂質は38.3g・炭水化物は21.7gです。

カルディのような身近なストアで購入できるカカオニブをお試しに召し上がってみてはいかがでしょうか♩

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする