カカオニブは妊娠中にこそオススメ!効果的な食べ方を紹介

カカオニブ 妊娠中

カカオニブが妊娠中にオススメというのは本当でしょうか。カカオニブの効能には、シワやたるみの予防などのアンチエイジング効果、チョコレートの代替品として考えれば虫歯予防、血液がサラサラになる、整腸効果、ニキビ予防、頭がすっきりするなどの効果が期待できます。

スポンサーリンク

カカオニブの食べ方について

カカオニブ スムージー

効果的な食べ方はいたってシンプルで、そのままポリポリ食べるということです。もし、食べにくければ、低糖のグラノーラと混ぜたり豆乳と混ぜたり、スムージーにするというような摂取方法も有ります。

妊活 カカオニブ

前は、妊娠中でも少しのカフェインなら問題ないと言われていました。コーヒーを飲むことを考えれば、カフェインの摂取量は少量で済み、チョコレートを食べたりすることを考えれば脂質や糖質を摂らないのでカカオニブの方がオススメです。カカオニブは、コーヒーに比べればカフェインの含有量は少ないですが、気になる方は摂取しない方が良いです。現在では、コーヒー1杯でも胎児の白血病のリスクが高まるので危険というデータがあります。

妊娠中はつわりなどで食欲が無くなるので、本来ですと高栄養の食事を摂らないといけませんが、栄養のバランスが崩れてしまうことも多いです。カカオニブには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれていますから妊娠中にこそカカオニブがオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする