カカオポリフェノールの効果や摂取量について

カカオポリフェノールの摂取量

チョコレートやココアなどから摂取できるカカオポリフェノールの効果や摂取量についてご紹介します。

カカオポリフェノールは、優れた抗酸化作用を持っていますので、美肌やアンチエイジング、動脈硬化などの生活習慣予防に効果的です。血中の過酸化脂質ができるのを抑制する効果があるので、血中コレステロールや中性脂肪が酸化し動脈硬化につながるのを予防することが可能です。また血管を広げる効果があるので高血圧な方の血圧を低下させる効果が期待できます。

スポンサーリンク

カカオポリフェノールの効果とは?

カカオポリフェノールの効果

肉体や精神がストレスを感じて疲労した際にストレスを軽減させ、ストレスによるホルモン増加を防ぐことができます。アレルギーの素になる活性酸素を抑制する効果も期待できますし、脳の栄養になるので認知症予防にも効果が期待できます。

⇒ 他にもこんな効果が…!




摂取量やカロリーについて

チョコレートの摂取量

摂取量は、1日カカオポリフェノール1000~1500mg程度が適量とされています。meijiチョコレート効果CACAO86%の場合、1箱で1900mgなので1日1/2箱程度強食べると適量ということになります。1箱あたりのエネルギーは405kcalなのでおやつとして食べるなら、毎日1箱食べていたらカロリーオーバーが気になります。

カカオニブであれば、糖分や脂質などが含まれていないのでダイレクトにカカオポリフェノールの栄養分だけを摂取することができるので継続するにはオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする