ココナッツオイルをコーヒーに入れてダイエット!やり方を紹介

ココナッツオイルの使い方

ココナッツオイルを摂取すると痩せると聞きますが、食事に甘いココナッツオイルは合わせられないという方も多いと思います。そこで、コーヒーに入れてダイエットをする方法がありますが、そのままココナッツオイルを入れても良いのですが、見た目はサラダ油などを入れたような分離した状態になります。ココナッツオイルを乳化させて使うダイエット法があるのでご紹介します。

スポンサーリンク

ココナッツオイルの使い方について

ココナッツ コーヒー

ココナッツオイルは、ミキサーやミルクフォーマーなどを使って撹拌することで乳化させることができます。なぜ乳化させるのかというと、乳化した細かい粒になると消化吸収が促進されて脂肪分解する消化酵素のリパーゼが脂肪に働きやすくなるからです。味の面においても乳化させたココナッツオイルをコーヒーに入れるとミルクのような味わいになります。コーヒー以外の飲み物に入れても可能ですから、気分や好みによって豆乳や紅茶などと組み合わせても良いでしょう。

また、ココナッツミルクはもともとココナッツオイルが乳化した状態で含まれているのでココナッツミルクを飲むのもオススメです。やり方ですが、食事の3時間くらい前にココナッツオイルを摂取すると、ちょうど3時間後に分解されてエネルギーになるので効果が高いと言われています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする