ヘンプシードオイルの効果や食べ方について

ヘンプシードオイルの効果

最近、スーパーフードとして注目されているヘンプシードオイル(麻の実油)の効果についてご紹介します。アレルギー改善、脳への効果、血液サラサラ効果、脂肪の分解、美肌、血糖値の低下、癌予防、便秘解消、アンチエイジング、腸内環境改善、免疫力アップ等が挙げられます。特に魚を食べない方が増えていますが、αリノレン酸(オメガ3脂肪酸)は摂取すると体内でDHAやEPAに変換されるという特徴があります。

スポンサーリンク

ヘンプシードオイルの食べ方

ヘンプシードの食べ方

食べ方ですが、食用油として使えますが価格は一般的なサラダ油などと比べれば高価なのでピンポイントで使うのがオススメです。残念ながら加熱してしまうと、変質するため栄養のことを考えて摂取するなら加熱調理には向いていません。

例えばヘンプシードオイルとお酢やレモン、塩やしょうゆなどをブレンドしてドレッシングを作って野菜サラダにかけて食べます。一般的なドレッシングの作り方のサラダ油やオリーブオイルの部分をヘンプシードオイルに置き換えるだけでもOKです。パンにつけて食べたり、パスタが出来上がったら卓上でヘンプシードオイルをかけてから食べるなどという工夫でも摂取できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする