ヘンプシードオイルの口コミとは?癌にも効くってホント!

ヘンプシードオイルの食べ方

ヘンプシードオイルは、80%が必須脂肪酸なので植物油の中で最も多く含まれています。リノール酸とαリノレン酸の割合が3対1でWHO(世界保健機構)や厚生労働省が推奨する4対1に最も近い理想的な食用油なのです。熱に弱いので40度以上に加熱すると成分が変質してしまうので加熱調理には向きません。

スポンサーリンク

ヘンプシードオイルの効果・効能について

癌の予防

整腸作用や免疫力向上に効果が期待できるので、長期的に見れば癌の抑制にも効果が期待できます。もちろんお薬ではありませんから、癌にも効くと言っても癌が治るという意味ではありません。癌に侵されないためには、毎日の食生活や運動、ストレスを溜めないなどの生活習慣が大切になってきます。

ヘンプシードオイルの口コミ紹介




オススメの食べ方について

オススメの食べ方

体に良いものをと思うのであれば、バターやマーガリン、サラダ油の摂取量を減らしてヘンプシードオイルを活用するのがオススメです。短期的に言えば、毎日ヘンプシードオイルを摂取していれば、免疫力アップで風邪予防やインフルエンザにもかかりにくくなるでしょう。味も美味しいので酢やレモン、塩、しょうゆなどとブレンドしてサラダドレッシングにして野菜にかけて食べるのがオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする