ビーポーレンが花粉症に効果的!副作用は?

ビーポーレンの効能

最近日本でも耳にすることが徐々に増えてきた花粉症の治療方法である減感作療法は、花粉症のアレルギー源である花粉を微量ずつ体に取り入れることで徐々に花粉への免疫力を強くしていくという治療法です。ビーポーレンはこの減感作療法にも利用されています。こういったことから、ビーポーレンは花粉症に効果があるとされているのです。

ただし、きちんと医師の治療としてビーポーレンを使用しないと、重篤な副作用が起きてしまった例が報告されています。

スポンサーリンク

ビーポーレンの副作用と予防について

副作用の症状

ビーポーレンは花粉症だけでなくアトピーにも効果があるということですが、少なくとも個人レベルで安易な使用方法を採らないようにすることが大切です。

重篤な症状ではなくても、下痢か胃腸の違和感といった具合の悪さという副作用を起こしてしまう人もいますから、もし個人でビーポーレンを使ってみるということでしたら、最初から大量摂取をすることはやめておきましょう。少しずつ試して、自分の体に合っているかどうか様子を見ながら適切に利用することがひどい副作用を起こさないいい方法と言えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする