ドラゴンフルーツの皮や種の食べ方は? 副作用はある?

ドラゴンフルーツの皮

ドラゴンフルーツの食べ方は、特に難しくはありません。ドラゴンフルーツの食べ方は、縦に1/4に切って種ごとスプーンですくって食べるのが一般的です。皮の両サイドを少し押せば、果肉と皮が簡単に離れるので食べやすいです。皮をむいてひと口サイズにカットすればより食べやすくなります。

ドラゴンフルーツの皮については、食べないのが普通です。ドラゴンフルーツの場合、皮は避けましょう。

スポンサーリンク

ドラゴンフルーツの食べ方について

スーパーフード 食べ方

ドラゴンフルーツをつかったレシピとしては、スムージーやフルーツサラダなどに利用するのがおすすめです。ドラゴンフルーツは見た目がとげとげしているのですが、皮はやわらかく、半分にカットすると簡単にむくことができます。

中には、白や赤色の果肉が詰まっていて、甘さとジューシーでサクサクの食感が楽しめます。サラダやカクテルに加えたりしても楽しめますが、初めて食べる場合は、ジュースがよいでしょう。ドラゴンフルーツと牛乳、ハチミツ、氷をジューサーにかけるとよく、生臭さが消えて香りがひときわよくなります。

ドラゴンフルーツは、皮をむいてそのまま食べるのがポピュラーなのですが、甘みを引き立たせたければ、レモン汁をかけるとよいです。そうするとジューシーでとても美味しくなります。副作用は特にありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする