マキベリーの栄養素や食べ方、効果について

マキベリーの効能

マキベリーはアサイーを超えるスーパーフルーツと言われていて、今話題です。栄養素が非常に高く、マキベリーはブルーベリーの仲間になります。

ブルーベリーには、血液サラサラ成分のポリフェノールが沢山含まれていますが、マキベリーのポリフェノール含有量はブルーベリーの14倍あり、抗酸化力は7倍もあります。アサイーとマキベリーを比較しても、ポリフェノール含有量は、アサイーの5倍あり、抗酸化力も7倍あります。

スポンサーリンク

マキベリーの食べ方について

スーパーフード 効果

マキベリーの食べ方で大事なのは、効率よく摂取することで、そのためには、ポリフェノールの特性を理解する必要があります。ポリフェノールは、水に溶けやすく、体に溜まらない性質があるので、3時間くらいでなくなります。そのため、多く摂取しても意味がありません。

食事で摂取したポリフェノールがなくなる時間帯にマキベリーを摂取するとよく、効率よく栄養素を取り入れることができます。一日3食の場合は、昼と夜の間の午後3時頃にマキベリーを摂取すると良いです。夜は体が休んでいる状態なので、抗酸化はあまり必要ありません。効果を実感したいなら、昼と夜の間に摂ることです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする