スーパーフードの「カムカム」が話題!! 効能や食べ方とは?

カムカム スーパーフード

今やスーパーフードと言われるものも増えてきましたがカムカムも最近スーパーフードとして騒がれるようになってきました。南米ペルー産でフトモモ科キブドウ種の木になる果実がカムカムとして流通しているのですが基本的には日本ではパウダーで流通しているということになります。

スポンサーリンク

カムカムの驚くべき効能

カムカムの効能

果実は直径が2,3センチほどなのですが成熟した果実は食べると大変酸っぱいものだと言います。この酸っぱさがスーパーフードであるが所以でビタミンCがレモンの60倍、ブルーベリーの300倍以上も含まれているのです。まさにビタミンCの王様だということが言えそうです。

ビタミンCが多いといえば効果が大きいのは美白効果です。アンチエンジングの効果もあると言われています。また、カムカムにはビタミンCの他にもカルシウムやリン、鉄に亜鉛、銅にマンガンクロム、ミネラルなどをも多く含まれています。その他の効能としては感染症を予防・改善する効果、ストレスへの抵抗力を強化する効果、丈夫な体をつくる効果、コレステロール値を下げる効果、疲労回復効果などを挙げることができます。

カムカムの食べ方は?




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする