ヘンプシードオイルとアマニ油の違いとは?それぞれの効果を紹介!

ヘンプシードオイルの効果

油というと何となく太るというイメージが有ります。だからと言って油は全く不要なものかというとそういうことではありません。特に最近は健康によい油が注目を浴びています。

特によく耳にするのはココナッツオイルの効能などについてかもしれません。他にもヘンプシードオイルとアマニオイルというものもこの最近特に注目を集めるものとなっています。

スポンサーリンク

ヘンプシードオイルについて

ヘンプシードオイル 効能

ヘンプシードオイルは麻の実から抽出されたオイルでガン予防や心臓疾患などの予防、皮膚疾患の改善やアレルギーの改善にも効果があると言われています。こちらはリノール酸とα-リノレン酸が含まれています。リノール酸とα-リノレン酸の含まれている比率が素晴らしいとWHOも摂取を推奨しているオイルとなるのです。ヘンプシードオイルは特にダイエットにも効果があるとして注目をされています。

アマニ油の効果とは?

アマニ油との違い

アマニオイルは亜麻の実から取れるオイルとなりαーリノレン酸が含まれているもので中性脂肪を下げる働きがあると言われて言ます。また、体内に入ると魚に含まれているDHAやEPAに変化するとも言われており大変注目を集めているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする