ホワイトチアシードの効果や食べ方を紹介! 

ホワイトチアシードの食べ方

チアシードとは中南米産のシソ科植物の種子のことを指します。ミントの種子に似ていると言われているのですが水分を含むとゼリー状になりプルンとした食感となります。

スポンサーリンク

チアシードの効果は?

ホワイトチアシード デトックス効果

ホワイトチアシードにはオメガ3脂肪酸、食物繊維、タンパク質、マグネシウム、亜鉛、カルシウムなどが含まれており オメガ3脂肪酸の一つの【α-リノレン酸】が多く含まれているので、動脈硬化の予防やアレルギー症状の改善に効果があると言われています。また、食物繊維も多いので便秘の予防やデトックス効果が期待できるものとなっています。

オススメの食べ方について

ホワイトチアシードのレシピ

効果的な食べ方は、そのまま食べるというのではなく 水分を含ませて膨張させるということになります。最低でも2時間程度、できれば12時間程度は水に浸しておきたいものです。ホワイトチアシードに含まれているα-リノレン酸は熱に弱いものです。ですから水分を与えたチアシードは加熱することなく、そのまま食べるというのがポイントになります。

そしてよく噛むということもポイントになります。チアシードは腹持ちが良いので効果的な食べ方をするとダイエット効果も認められるということになるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする