マヌカハニーの副作用で下痢になることも! 効能は?

マヌカハニーの値段

マヌカハニーは薬では無いので副作用という言葉はニュアンスが違うかと思いますが、体質に合わない場合もあるようです。稀にアレルギーを起こす場合があるので、気になる方は最初は少量で試してみるのがオススメです。

スポンサーリンク

マヌカハ二ーの効果・効能は?

はちみつ 効果

マヌカハニーの効能ですが、優れた殺菌力を持ちます。虫歯予防、風邪・インフルエンザ予防、ピロリ菌などに効果があると言われています。どうしても歯磨きを嫌がる小さいお子さんに虫歯予防としてマヌカハニーを与えるというお母さんもいます。

風邪やインフルエンザの予防にも効果がありますが、すでに風邪を引いてしまっている場合ものどの痛みに効果があります。スプーンですくってそのままゆっくり舐めていればよいのですが、喉の痛みが引くということはウイルスも死滅しているので風邪を早く良くするのにも最適です。

ピロリ菌が見つかった場合には、抗生物質で駆除しますが、駆除しきれない場合もあるので補助としてマヌカハニーを併用する方もいます。普通の蜂蜜よりは高価ですが特に体調が悪いところが無くても、健康のためにマヌカハニーを食べるのもオススメです。

喘息にマヌカハニーがおすすめの理由は?

喘息 マヌカハニー

マヌカハニーには様々な効果がありますが、その中でも特に喘息の方にはオススメのようです。なぜ喘息の方にマヌカハニーが効果的かと言いますと、喘息患者の方の気道内で起こる慢性的な炎症にマヌカハニーは効果的だからです。マヌカハニーが保持している殺菌効果と抗炎症作用により、気道内の炎症を抑えることができれば、喘息の発作も起こりにくくなります。

特にお子さんの喘息の方はステロイドなどの強い薬を使用することにより、他への健康に影響が出ると考えているご家族の方が、マヌカハニーにより、喘息の発症を予防するためにお子さんに食べさせるようです。

そして、日々習慣的にマヌカハニーを食べることにより体質改善効果が得られますので、喘息や気管支喘息、気管支炎などにも効果が期待できます。

マヌカハニーの副作用について

ボツリヌス菌 赤ちゃん

マヌカハニーには様々な優れた効果があることがわかりました。逆に副作用はないのでしょうか。副作用という表現はおかしいのですが、マヌカハニーは身体にいいことばかりなのかご紹介しましょう。

マヌカハニーだけではなく蜂蜜製品すべてにおけることなのですが、免疫のない1歳未満の赤ちゃんが蜂蜜を口にしてしまうと「ボツリヌス菌」により乳児ボツリヌス症に感染してしまう場合があります。そのため、1歳未満の乳児には蜂蜜を食べさせることは止めましょう

「乳児ボツリヌス症」とはどのような病気なのでしょうか。乳児ボツリヌス症に感染すると数日間便通が滞り、その後身体の筋力が低下し、脱力状態になります。目が開きにくくなったり(眼瞼下垂)、瞳孔が必要以上に開いてしまったり(瞳孔散大)、対光反射などの症状が現れます。最悪の場合には亡くなることもありますので、注意が必要です。

乳児ボツリヌス症に感染するのは、乳児の身体には抵抗力が低く腸内細菌が完全な状態ではないために発症しますので、1歳以上のある程度大きくなった幼児や、大人の方には問題はありませんのでご安心ください。

妊婦 マヌカハニー

胎児がお腹にいる妊婦さんなどが食べても乳児ボツリヌス症に感染することはありませんのでご安心ください。逆に薬を飲むことのできない妊婦さんには、免疫の向上や感染予防の意味も含め、マヌカハニーを食べることにより、多くの効果が得られます。授乳中の方にも同じことが言えます。

マヌカハニーには発がん性物質が含まれているという噂があるのですが、これは全くの間違いです。東北大学で行われた糖尿病の合併症に関する論文が間違えた形でオーストラリアの蜂蜜関連のサイトに掲載され、間違えた情報が世界中に広がってしまい、マヌカハニーには発がん性に恐れがあるということになってしまったようです。しかし、その話はデマだと判明していますので、安心してマヌカハニーを召し上がってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする